以前は一律500ml「大きめ」のペットボトル飲料が増えた背景

7


   


ざっくり言うと
  • 600mlあるいはそれ以上の容量が定番になりつつあるペットボトル飲料
  • 各メーカー担当者は、震災の影響や熱中症対策が要因にあると分析
  • 「水分を常時携帯しよう」という意識が大きくなったようだと考えている
記事を読む

 - 最新トレンド

×
>