高田純次の事故を文春が報道 警視庁「当て逃げの事実はない」

7


   


ざっくり言うと
  • 高田純次が首都高で接触事故を起こし、週刊文春は「当て逃げ」と報じた件
  • 高田は接触に気付いていなかったが、相手からのパッシングで停車したという
  • 所属事務所は当て逃げを否定し、警視庁も「当て逃げの事実はない」とした
記事を読む

 - 最新トレンド

×
>