ノートルダム大聖堂火災 神父「まるで爆撃のよう」

7


   


ざっくり言うと
  • ノートルダム大聖堂の火災を、当時現場にいた神父が振り返っている
  • 出火から約30分後に聖堂隣の執務室で異臭に気づき、中に入って仰天したそう
  • 「まるで爆撃のよう。炎があっという間に広がりました」と語った
記事を読む

 - 最新トレンド

×
>