死亡説も囁かれていたマコーレー・カルキン(38)が薬物依存を克服しニッコリとピースサイン

7


   


1:名無しさん@涙目です。:2018/10/11(木) 23:03:00.64 ID:iGCdx+3W0
 

「2018年アメリカン・ミュージック・アワード」授賞式が9日(日本時間10日)、米ロサンゼルスで行われ、米歌姫テイラー・スウィフトが自身4度目となる最優秀アーティスト賞をはじめ、
最優秀ポップ・ロック女性アーティスト賞、最優秀ポップ・ロックアルバム賞など主要部門を独占した。

 ところが全米生中継された授賞式について、ツイッターの話題をさらったのはテイラーではなく、久しぶりにテレビ画面に現れたあの元子役スターだった。

 その人物とは、1990年代のヒットシリーズ「ホーム・アローン」のマコーレー・カルキン(38)。
この日はブルーのスーツに黒縁眼鏡、きれいに整髪されたヘアスタイルで登場し、同授賞式のプレゼンターを務めたのだ。






※全文はソースで
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15430040/
続きを読む

 - 最新トレンド

×
>