山陽新幹線のぞみの事故 専門家は「非常に危険な状態だった」と指摘

7


   


ざっくり言うと
  • 14日にJR山陽新幹線のぞみが人と接触し、ボンネットが破損した事故
  • 「非常に危険な状態だった」と鉄道システムに詳しい専門家は指摘
  • 走行を続けると破損が広がって破片が周囲に飛び散るおそれがあったという
記事を読む

 - 最新トレンド

×
>