【恐怖のシャーガス病】米男性の脳に大きな塊…サシガメが媒介する寄生原虫の影響と判明

7


   


1:プティフランスパン ★:2018/05/12(土) 08:05:23.04 ID:CAP_USER9.net
脳の中で寄生原虫が目覚めるとき…シャーガス病の恐怖
2018.05.11 19:00
https://www.discoverychannel.jp/0000016743/



アメリカで31歳の男性が頭痛や錯乱、歩行障害のために救急診療を受けたところ、脳に大きな塊が見られた。これは「眠っていた」寄生原虫が目覚めたために起きた症状であった。

■ 脳内の謎の塊

この男性は6年前にエルサルバドルからアメリカへと移住しており、近年ヒト免疫不全ウイルスHIVに感染していると診断が下され、後天性免疫不全症候群(エイズ)を発症していた。この症例は5月9日にNew England Journal of Medicineに発表されている。

男性は38.9度の熱を出し、歩行失調が認められた。MRIで脳を見てみると、脳梁には8x7x6cmの塊が存在した。この塊から液体サンプルを採取し調べたところ、白血球のマクロファージの中に微生物が飲み込まれているのが確認された。

これを遺伝子解析すると、この男性はクルーズトリパノソーマという原虫に寄生されていたことが判明した。

■ シャーガス病



Credit: Dr. Erwin Huebner, University of Manitoba, Winnipeg, Canada

このクルーズトリパノソーマは主にラテンアメリカ大陸に見受けられる寄生原虫で、吸血性のサシガメ科の虫により媒介される。


※全文はソースで
続きを読む

 - 最新トレンド

×
>