若手社員に心の病が急増したワケ、バブル期の若手との違いは

7


   


ざっくり言うと
  • 心の病を発症する10~20代の社会人が2004年と比べ、2倍以上に増えたという
  • 筆者はバブル期の若手社員には、明るいキャリアビジョンが見えていたと分析
  • 現在は将来に不安がある中、相対的に踏ん張りが利かなくなっているとした
記事を読む

 - 最新トレンド

×
>