平均年収186万円…日本に現れた新たな「下層階級」の実情

7


   


ざっくり言うと
  • 就業人口の約15%を占める、「下層階級」の実情を取り上げている
  • 平均年収は186万円で、貧困率は38.7%、配偶者がいるのはわずか25.7%
  • 健康にも問題があり、多くが「絶望的な気持ちになることがある」と訴える
記事を読む

 - 最新トレンド

×
>