【冬季うつの対処法】朝はバナナを食え 昼は牛丼+卵だ

7


   


1:名無しさん@涙目です。:NG NG
日照時間の短い冬は、「冬季うつ」になりやすい。前回までは、それに打ち克つため、睡眠のリズムを乱さないことの大切さを説いてきた。
加えて、食事の工夫も大きな効果を生む。

古賀理事長おススメのひと品は、なんとビジネスパーソンには身近なランチメニューの「牛丼」だ。

中略

元気のない日は、ランチで牛丼を食べるとして、朝食に向いているのは1本のバナナだ。バナナは、食物繊維を多く含み、
ビタミンやミネラルなどの成分も豊富。朝食にバナナを食べると、食後血糖値の上昇も緩やかで腸内環境も整えるなど、
健康に役立つことから「朝バナナ」を勧める医師は少なくない。

※全文はソースで
https://www.zakzak.co.jp/lif/news/171207/lif1712070002-n1.html
朝バナナに昼牛丼で乗り切ろう



続きを読む

 - 最新トレンド

×
>