所得税の控除見直し本格検討へ 高額所得者は縮小案も

7


   


1:みつを ★:2017/11/08(水) 07:46:22.18 ID:CAP_USER9.net
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171108/k10011214991000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_023

11月8日 4時33分

政府・自民党は、来年度の税制改正に向けて、会社員などの給与から一定割合を課税対象から差し引く「給与所得控除」と年金所得に対する控除については、所得の高い人を中心に控除の縮小を検討する一方、すべての納税者が対象の「基礎控除」は、控除の額を増やすことも含め検討を進める方針です。

「給与所得控除」は、会社員など給与所得者の所得税を計算する際に、収入の一定額を経費と見なして税額を少なくする仕組みですが、働き方が多様化する中、会社員だけが手厚い控除の恩恵を受ける今の仕組みは、時代に合わなくなっているという指摘も出ています。

続きを読む

 - 最新トレンド

×
>