ラオスで中国人への襲撃事件が多発 反中感情が背景にある可能性

7


   


ざっくり言うと
  • ラオスでは2015年以降、中国人を狙った襲撃事件が頻発している
  • 背景に中国の進出に伴う強制労働があり、反中感情が高まっているという
  • 東南アジア諸国は中国の「一帯一路」の見極めが必要だと筆者は提言した
記事を読む

 - 最新トレンド

×
>