WBC準決勝で敗退したオランダ「初回の走塁が差を生んだ」

7


   


ざっくり言うと
  • WBC準決勝は20日、オランダがプエルトリコに3-4で敗れた
  • ミューレンス監督は「初回の走塁が差を生んだ」と珍プレーを回想
  • 初回には右前打を放って喜びを表現していたプロファーが一塁で刺されていた
記事を読む

 - 最新トレンド

×
>